シェフ

シェフ

バンコク育ちのクワンチャノック・スリサワチャラー氏(パン)は、15歳という若い頃から食べ物や料理への情熱を育んできました。スアン・ドゥシット大学で料理の学士号を取得後、ジ・オリエンタル・プロフェッショナル・タイ・シェフ専門学校の専門的なタイ・シェフ・コースに入学し、レストラン・ビジネスへの関心を追求しました。

その後パン・シェフは東洋料理に関する知識と情熱を広める機会を得て、5年近く日本料理レストランに勤務しました。この間、パン・シェフは日本の料理と文化の哲学の真価を認めて心から理解し、それは彼女の料理に関する見解に永続的な影響を与えました。

パン・シェフはプルマン バンコク キングパワーに当初はワインパブの料理人として雇われ、エグゼクティブ・シェフのドミニク・フェルショートと共に勤務していました。その後 ワインパブのジュニア・スーシェフとなり、オープンキッチン様式で調理し、西洋と東洋の両方の食材にインスパイアされた風味豊かなメニューを創作しました。ここで、パン・シェフは、混じり気のないシンプルな食材と刺激的な風味を組み合わせて作る革新的な料理という独自の料理スタイルを開発しました。

ここでの5年半を含む13年の調理経験を経て、2018年6月に Tenshino がオープンしてから現在まで料理長としての役割を担い、トレードマークである大胆で混じり気のない風味でアクセントをつけたフランス料理と日本料理を融合したメニューを提供しています。

Japanese chef
Japanese food
Japanese food
Japanese food
Japanese food
team
tenshino-japanese-bangkok-restaurant